マサがコミミズク

いんきんたむし(陰金田虫)は20~30代の比較的若い男性に多い傾向があって、大抵の場合は股間の辺りにのみ拡大し、運動をしたり、お風呂に入った後など身体が熱くなると強烈な痒みが訪れます。
下町ロケット 無料視聴
臓器である前立腺は生育や働きに雄性ホルモン(男性ホルモン)が非常に深く関わっていて、前立腺に出現したガンも同様に、雄性ホルモン(男性ホルモン)に刺激されて肥大化してしまうのです。
「肝機能の減衰」については、血液検査のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなど3種類の値でモニタリングできますが、ここ数年の間に肝機能が落ちている人数が徐々に増えているそうです。
一旦歯の表面を保護しているエナメル質を減らしてしまうほど拡がってしまった歯周病は、あわよくば症状自体が落ち着いたとしても、エナメル質が元の量に復元されるようなことはないでしょう。
演奏会やライブなどの開催されるホールや踊るためのフロアなどに設置されている特別仕様の大型スピーカーの近くで爆音を浴び続けて難聴になる症状を「音響外傷」と称しています。
くしゃみ、鼻水、鼻詰まりに目の痒み・異物が入っているような感覚などの花粉症の嫌な症状は、アレルギーを起こす花粉の放出された量に比例するように深刻になる特徴があるとわかっています。
チェルノブイリ原発の事故に関する数十年に及ぶ後追い調査の結果をみると、成人に比べて体の小さい子供のほうが広まった放射能の有害なダメージをより受容しやすくなっていることが分かります。
汗疱状湿疹は手の平や足裏、指の隙間などにブツブツの水疱ができる皮膚病で、世間一般ではあせもと言い、足裏に現れると水虫と勘違いされるケースもよくあります。
ポリフェノール最大の作用は水溶性であるビタミンCや脂溶性のV.E.(ビタミンE)などとは違って、細胞の間の水溶性部分や脂溶性の部分、ひいては細胞膜でも酸化のスピードを遅くする効果に優れています。
乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで使用されてきた生ワクチンに替わる新しい手段として、2012年9月からになるので、集団接種ではなく小児科などで個々に注射するスケジュール管理の必要な個別接種という扱いになりましたのでご注意ください。
体脂肪率(body fat percentage)」とは、人の体内の脂肪の付いている比率で、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重×100」という計算式によって求めることができます。
メタボとは診断されていなかったとしても、臓器に脂肪が多く付きやすい種類のよくない体重過多を抱えてしまうことにより、深刻な生活習慣病に罹患しやすくなります。
体重過多に陥っている肥満は言うまでもなく食生活の質や運動不足が主因ですが、同じボリュームのごはんであれ、かきこむように食べ終わる早食いをしていれば脂肪過多に陥っている肥満の状態を招きやすくなると考えられています。
世界保健機関(World Health Organization)は、有害な紫外線A波の著しい浴び過ぎが皮膚疾患を招くとして、18歳以下の男女がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを使用する行動の禁止を強く世界中に勧告中です。
常識で考えると骨折は起こさない程度の小さな圧力でも、骨の狭い個所だけに複数回にわたって次から次へと力が加わることで、骨折してしまうことがあるので油断できません。